2012年2月23日木曜日

やっぱ!

亀屋伊織「わらび」「稚児桜」「狐面」
組内のz寺様の夜の御座にお参りさせて頂いた。
自分の寺の法要の時は、ゆっくり座って聴聞出来ないので、
よそのお寺の法要は、とぉってもウレシィです。

ご講師は、行橋市の両徳寺のご住職様で、
テレッとしちょったら、ぶっ飛ばすぞうみたいな、
でも、根っこはやさしくてアッタカイお人柄溢れる、
ご法話をいただいた。

臨終と命終のちがう点を通して、親鸞様が説かれた、
平生業成をお話しいただいた。
また、阿弥陀経の執持名号は、名号に執持さるー、
ととらえることで、私が、ナモアミダブツににぎられている〜
このままのお救いですよ!
お注文なし、お差し支えなし…の教え、

とお話頂いた。

ゆっくり座ってのお聴聞は、楽しかったあ!です。
車で、送り迎えをしてくださった、
k御夫妻ありがとうございました。
やっぱ、浄土真宗はいいなあ、真宗でよかった!
と、うれしいご縁を頂きました。

そして、もうひとつ、亀屋伊織さんの2月のお干菓子を頂いた。
わらび狐面稚児桜・・・
きれいなお菓子です。
食べてしまうのが、もったいない…
お抹茶といただきます。
やっぱ、美味ぃでございます〜と。




『亀屋伊織の仕事―相変わりませずの菓子』
山田 和市(亀屋伊織若主人) 淡交社 ¥1,575

0 件のコメント:

コメントを投稿