2012年12月25日火曜日

ひだまり


23日は、義母の90才の誕生日。
うちはお寺なので、おおっぴらに、クリスマスケーキを買えない。
そんな子ども達に、おばあちゃんの誕生日ケーキ!
と、言ってケーキを買って来て、子供達を喜ばせてくれた。
そういえば実家の父も、ケーキケーキ!
とうるさい私をバイクの後ろに乗せて、
ケーキを買いに連れていってくれて、
嬉しかった思い出がある。
バターケーキのバラの花が、大好きだった。
大人が、自分の意志に反することでも、
子供の喜ぶためなら…と、してくれたこと。
思い出すと、心のなか、ひだまり〜として残って、
寒い季節、暖めてくれている!んだ。

2012年12月22日土曜日

カンパアイ!



 

今年最後のコーラスれんげの練習の後は、
毎年恒例の忘年会です。
今年は、フレンチでカンパアイ!
エタンセ−ルカワモト”さんを貸切にしていただいて、
美味しいお料理を楽しんだ。
最後に、ピアノをお借りして、
“花は咲く”をコーラスして
今年の歌い納め?と、なった。
コーラスれんげのメンバーのがんばる姿を見ているからか、
歌っていると涙がでてきてしまう…
悲しい涙じゃ、もちろん違う、
あたたかな想いの涙…
来年も、いっしょに歌いましょう!
今年のメンバーにカンパアイ!です。

やっとこ







報恩講は、いつも最後まで走りぬけられるか不安になる。
終わったら、ぬけがら状態の私とガッツポーズの私がいる。
30回繰返して、今年初めて気付いた!
やっと!
1人で走っているようなエエバッタ気持ちでいたけど、
それはオオマチガイ!!
冷たい霙の降るなか、
お斎のお手伝いにみえて下さった婦人会の方々、
お参りの方々、お帳場の総代さん方とたくさんの方々に、
お支えいただいての報恩講だった。
私の後ろや横や前にいっしょに、
走って下さる方々がいたんだ。
1人でシテイルなんて、なんて傲慢な奴だったんだ…
ピカピカに片付けていただいた門徒会館の台所に立っていると、
1人1人の顔がうかんで、
心の奥が、グッとあつくなる、そんな想いをいただいた…
お支えいただいた方々、お参りいただいた方々に、
心からありがとうございました!
やっとこ、気付いたおっせえやつ、でした…

2012年12月17日月曜日

2012年正行寺報恩講、夜席


 ご紹介が後先になってしまいましたが、今年の報恩講のご講師は
浄土真宗本願寺派布教使、内藤昭文先生です。
もう、何度もお世話になっている、正行寺ではお馴染みの先生です。
親鸞さまのご生涯のこと、その教えのことを、わかりやすく楽しくお話くださいます。
ご聴聞されている方たちに、色々な問いかけをしながらお話してくださるので、
みなさん、前のめりになって聴いていらっしゃいました。

さて、2日目の夜は、大逮夜、
正行寺の法務員を勤めてくださっている堀内さんに、
御伝鈔』の拝読をいただきます。


 『御伝鈔』の後は、おぜんざいのご接待です。
坊守特製のホットスィーツのお味はいかがでしょうか~?

お帰りの際には、お赤飯と『拝読~浄土真宗のみ教え~』をお渡ししました。

報恩講のお勤まりになる今週末は、
折悪しく、この冬一番の冷え込み・・・
そんな寒いさむ~い中、
本当にようこそのお参りでございました。

尊いご縁に感謝です。


ロンも寒いけど、法要中は自分のケージで大人しく待機してます。

2012年正行寺報恩講2日目、コーラスれんげの発表会です

今日はお昼席の前に、
正行寺の合唱団“コーラスれんげ”の日頃の練習の成果を、
ご参拝のみなさまにご披露しました。

コンデジ手持ちで撮影したので、
映像はブレブレ&ガタガタお見苦しいとは思いますが、
音だけ聴くならなんとか・・・
どうぞ、ご視聴くださいませ↓


「花は咲く」(NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソング)


「太陽からの手紙」


「あなたと出逢って」

まだまだ練習途中とはいえ、なかなかのものでしょう♪

コーラスれんげは、毎年6月に開催される六団体の合同演奏会に向けて、
鋭意練習中です。
ご興味・ご関心ある方は、どなたでもお気軽にご見学ください!

2012年12月13日木曜日

2012年正行寺報恩講1日目!

2012年正行寺の報恩講、今年も始まります。


12月9日、一日目は一大イベント、お斎の日です。
婦人会の方々は前の日から仕込み、
当日も朝早くから準備にかかってくださいます。
長年のベテランさんから今年初めて参加してくださる方まで、
みんな手分けしてがんばるぞ~!!


お料理の仕込みが出来たら、どんどん詰めていきます。

フタをしてご案内・お箸・お酒をつけたら、できたり!
どうぞ、召し上がれ~

胡麻豆腐、炊き合わせ、揚げ物、大根と菊花の酢和、
柚子練、お多福豆、お吸い物、赤米
今年もおいしくできました。
ご参拝の方がみんな食べ終わった後、
やっと婦人会の皆さんのお斎タイムです。
お疲れさまでした~

2012年12月3日月曜日

ジーン!

月曜日、コーラスれんげの練習日。始まりのご挨拶をしていたら、突然、HappyBirthdayの大合唱と薔薇の大きな花束!コーラスれんげのメンバーの方々が、私の誕生日をお祝いして下さった。年の数のピンクの薔薇の花束をいただいて、言葉が見つからない…涙涙涙がこぼれて、メンバーのあたたかな笑顔をみたら、またまた涙…あああ、泣かしちゃった!と、いうメンバーも、ハンカチで目をおさえている。幸せなハプニングをいただいた。今、思い出しては、胸の奥がジーンとあたたかくなって、涙がこぼれます。寺の坊守で、ご門徒さん方々から、年の数の薔薇の花束をいただいたことのある坊守は、そんなには、いないちゃねぇ!私の寺のご門徒さんは、すごいでしょう!と、叫びたい気分です。あたたかな想いを、身の丈以上にいただいて、とってもとっても、幸せな誕生日でした。ありがとうございました!

2012年12月2日日曜日

であい〜

小倉組の仏教入門講座にお参りした。ご講師は、伊藤元先生、講題は、なぜ仏法を聞かなければならないのか?仏法に遇うことで、自分の考えの枠がはずれる、物理的な幸せは、もちろん必要だが、それ以上に大切なことがあると気付いていく。悲しみの中にいても、大事なことをしるご縁であること、無駄事で終わらせたくない、と、心の底でうごめいているはず、豊かな心で生きていく、自分の感性を越えたものに遇っていく。信じようと思わなくても、信ぜずにはおれない教えに遇うことが、知らされていく。都合のわるいことのほうが多い例えば、老と死、この身の事実をどう、のりこえるのか?自分の考えが、通用しないということを教えてくれる。仏法に遇うと、悲観しなくても生きていける大切なことに気付かせてもらえる。念仏を申すことは、自我崩壊の音、と金子大栄師の言葉をあげられて、思い込みが壊されていくということを話された。最後に、出遇い、最初のであいだけが出遇いではなく、また、同じ人に出遇い直すことも出遇いであります…この人と縁があってよかった
!と、思えなければ、もったいないです。歳をとってよかった、と思えなければ、歳のとりがいがない人生になる。仏法に遇うと、自分の不完全さを知らされ、それを受け止め、でも卑下することなく、そんな自分にかけられている、願を聞いていくことです。といただいた。伊藤先生のご法話は、私にとって、うなづきとカウンセリングです。聞かせていただいて、元気になりました。私にとって、聴聞は元気!のご縁ですね。元気をいただいて、蕪と金時人参と柚子とコブで、三杯漬を作りました。この季節に、蕪と金時人参と柚子は、デアイモノですね。白赤黄色と美味しい彩りの完成です。出会う時には、ちゃんと出会えるね。私も、心を澄ませて、出逢っていきたい、受け止めていきたい、これからの自分と私を支えて下さる方々に…

2012年12月1日土曜日

たんたん

家の可愛い次男坊君、ロンの誕生日でした。若くみえます?が、ジュウヨン才、人間だったら、72才?くらいかな〜いつもいつも、一番傍にいて、寄り添ってくれています。帰りが、遅くなると、外で待っています。おしゃべりが出来なくても、だからこそ、心通う思いを感じられる…と思います。一日でも、永く、いっしょにいてね〜ロン君、お誕生日おめでとう!