2013年2月25日月曜日

くちいっぱい〜

蕗の薹を、沢山いただいた。
早速、天ぷらにして、いただいた。
ウーン早春ですね!
くちいっぱいの春。

2013年2月23日土曜日

それぞれの春

聖ちゃん大学合格。
称子FirstClass。
得子、編集の本の出版。
彼女らの始まりから、この結果を見せてもらえたことに、感謝!
それぞれの春の始まりです。
支えていただいた方々に、ありがとうございました!

2013年2月18日月曜日

贈り物

2月7日朝、病院から電話。
「心肺停止しています。すぐおいでください」
ICUで、心臓マッサージをしていただくけど、
自発呼吸はもどらないまま、臨終を迎えた。
1月18日に入院してから、栄養状態もよくなり、笑顔もみえていたのに、
アッという間に往ってしまった。
何が何だかわからないまま、初七日が過ぎ、
夢の中にいるような、でも現実なんだ…
しっかりしなくては…と思うけど、じっとしていると、涙がでてきてしまう。
言葉を少しづつ、忘れていく義母が最後まで憶えていた言葉は、
ありがとう、うれしい、よかった、です。
そして、私の心に残っている言葉は、
ワタシ、アータがスキ、と言ってくれたことです。
ずっと心をあたためてくれる最高の贈り物です。
人は遺言を残しながら生きている…と、伺いました。
私は、何を残せるだろう?
老いていくこと、死んでいくこと、
大きな仕事を果たし終えた義母の残したことを、
しっかり受け止めて、生きていきたい…と思います。
やっと、想いを言葉にできました。
ご門徒の皆様、有縁の皆様、心よりお礼申し上げ ます。

2013年2月4日月曜日

今年初めて!

今年初めて!の仏教壮年のお集まり、縁の会

話し合いの講題は、“浄土”。
かなりハードルが高く、お集まりの会員の方々、
真剣に話しあわれました。
だからあー、後のドド宴会は、ハジケッパナシ?だったかな〜
一応決めてある終了時間を過ぎても、お喋りが終わらず、
和やかな時間がズンと流れました。
あたたかでほのぼのとした空気は、
集まられた会員の方々が、つくって下さったんだ!
と、感謝です。
春立つ日のうれしい夜でした。
お手伝いいただいた、婦人会の方々ありがとうございました!

2013年2月2日土曜日

あと、一歩

急に、春みたいな気温の日。
外に出てみると、春の準備がはじまっとです。
ヒヤシンス忘れな草クリスマスローズ
桜草花水木木瓜桜鏡水仙

寒い中、頑張って、春の準備をしています。
春立つ日まで、後、一歩…
聖ちゃん、うれしい春になりますように!