2012年10月7日日曜日

いまさら?

小倉組の研修会に参加した。
ご講師は、徳蓮寺前住職の伊藤元先生、
講題は、“仏教はどういう教えなのか”

仏教の教義によって救われるのではない。
随縁存在、をお例えに、触れるものによって、育てられる。
私は、何に触れ、それをどう受け取っているか?
雑会とよばれる、この日常の暮らしの中で、
ちょっと振り返る自分を呼び覚ますのは、
念仏をいただいているから…
仏法にふれることで、煩悩をいたむ私に出逢える。
あなたは、あなたが思うよりも、とうとい存在であります。

と、おっしゃった先生の笑顔が、
あたたかく会場を包んで下さった。
仏様のお話を聞かせていただくということは、
心のカウンセリング?と同じだった、
と、いまさら…ながら、うなずかせていただいた!

0 件のコメント:

コメントを投稿