2012年10月18日木曜日

行雲流水

萩藤袴
尾花黄上臈時鳥
西王母秋明菊
お茶のお稽古に伺った。
10月は、中置で「やつれ風炉」のお点前です。
先生のお庭は、秋がいっぱい〜。
藤袴尾花ホトトギス

お茶碗の銘は、清水公照師の“行雲流水”。
いいよねぇ、私も、こうありたい…なあ。
何があっても、風にのって流れる雲のように、
そして、石や岩があっても流れる水のように、
生きていけたらいいなあ…

そして、山門の横の蹲に秋。
ご門徒のHさんが届けて下さった、
黄上臈時鳥(キジョロウホトトギス)と西王母
貴重なお花を、うううれしぃ!です。

そして、もういっこの秋。
庭に咲いた、秋明菊
植えっばなしのこの庭に、今年も咲いてくれて、ありがとう!

流れるように、秋は、過ぎていく。
今年は、ゆっくり、流れる季節を楽しみたいなあ。
秋のしっぽをつかまえたあ…と、言いたい。
流れる雲にのってね〜

0 件のコメント:

コメントを投稿