2010年4月14日水曜日

祝・お仏壇のはせがわ様


お仏壇のはせがわ様の創業80周年の記念文化講演会が、
直方の「ユメニティのうがた」で開催された。
御講師に作家の五木寛之氏を迎えて、
『いま、なぜ親鸞か』の講題でお話をいただいた。
小型のバスで11時に出発、
遠賀川河川敷のチューリップを観賞し、
フレンチレストラン梓屋さんでランチのコースに満足。
2時より、5時まで文化講演会のご縁にあった。

人は生きている限り、悲しみがある。
避けても、悲しみはなくならない。
悲しみをしっかり受けとめ、大きな声に出し、泣き、人に語ること…
それによって、乗り越えていける。
光を見つめるだけではなく、影を見ることで、
光に照らされている自分を見つけることができる。
悲しみによっても、人はよみがえる。
法然様はやさしく、親鸞様は深く、そして蓮如様は広くおすすめくださった。


ご門徒の皆さまと、眼とお腹、そして心もいっぱいになった、
春の楽しい1日だった。
お仏壇のはせがわ様に感謝いたします。

2 件のコメント:

  1. ま☆たま☆たま☆た いいすネェ~。遠賀川河川敷のチューリップ・フレンチレストランのランチ、五木寛之氏の講演充実の一日ですね。

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除