2011年7月24日日曜日

悲中法縁…


親戚の葬儀に、お参りした。
お盆会の最中のことで、寺族をはじめ、
ご門徒の方々は、たいへんだったことと思う。
前住職様のご挨拶で、入院中の前坊守様の様子を話された。

「何もかも忘れてしまいそうです…」
と、心細そうに話される坊守様に、
「忘れていいよ、貴女が忘れても、
 貴女のことを決して忘れない仏様が、
 いつもそばにおられるからね…」
と話されたこと。

最期迄、手を合わせ往かれたこと、を通して、
彼女は、私の仏様です…
とお念仏の中で遇えます。
有難いご縁をいただきました。
前坊守様、ありがとうございました…

0 件のコメント:

コメントを投稿