2011年6月4日土曜日

満面の!



博多のキャナルシティ劇場で公演している、ミュージカル・ウィキッドを、坊守会で観に行った。
大掛かりな舞台装置、素晴らしい衣装、
出演者の機敏な動きと声量のある歌声に、
3時間弱が、あっ!という間に過ぎた。
踊りとか歌とかに真逆なところにいる?私は、ポカーンと口開けて、
舞台の上の出演者の方々を、尊敬と憧れでみていた。
また、オズの魔法使いのブリキや案山子が、
どうして誕生したのか、ガッテンした!
カーテンコールでのグリンダの満面の笑顔は、
やりとげた人にだけあじわえる達成感に溢れていた。
ステキな笑顔が心に残った。

公演後のお茶は大好きな、キルフェボンへ。
春積みダージリン季節のフルーツタルトをいただいた〜。
美味でゴザイマスゥ…

私も満面のくくく〜
楽しい一日を計画して下さった、小倉組の執行部の坊守様方々に感謝です!

0 件のコメント:

コメントを投稿