2013年11月10日日曜日

トモツナイノチ

5日の18時、ビハーラ北豊の公開講座に参加した。

ご講師は、NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長奥田知志氏で、
講題は、“笑える日がくる 〜困窮支援の現場から 〜 社会復帰
…っていうけど、復帰したい社会ですか?
椅子取りゲームを通して、座れない人を出してしまう社会を考え、椅子が減っても、全員が座れる方法を考える…
しかし、午前二時頃、ホームレスの人を襲撃にくる、帰る処のない心配されてないハウスレスの子ども達がいること。
襲撃されたホームレスの人が心配していること。
猿と人間の違いは、何か?笑うことと仰向けに寝ること、本能的に1人では生きていけないことを自覚しているから、弱さをアピールして襲われないように、そして助けてもらいたい…と、示している。だけど、「自己責任だから、一人でしなさい」と時代は叫んでいる…
「猿に戻れ!」と、いうこと?
子どもが、誰にも「助けて」と云えず死んでいくことは、許されることではない。
「助けて!」って言える社会を作ろう。
私達は、お互いに弱い人間だから、そして、「助けて」って言ってもらえる人になりましょう!

と、お話いただいた。

実践から出る言葉の重みを、しっかりいただいた。
私は、何ができるだろう…

ご講演の次に、元ホームレスの方々の“生笑(イキワラ)”の公演、
生きていたら笑える日がくる〜困ったら助けて!って言おうね…
と、4人の方々が、それぞれの生きざまを通して、メッセージを下さった。
笑顔が、心を暖かく包んでいただいたような気がした。
いろいろな活動に、少しでも協力させて頂きたいと思った。

帰り、遅い夕御飯を、ごちそうさん!でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿