2013年5月1日水曜日

ちょっこし〜

月曜日、コーラスれんげの練習の後、
毎年、恒例の藤見の会を開催!
河内藤園散策と、あじさいの湯のお昼ご飯ツアー?

藤の花の甘い香りに包まれながら、
花のトンネルを、ゆっくり歩いた。
花のドームの中、Hさんの笑顔を思い出した。
二年前、いっしょに歩いた彼女は、もうお話出来ないんだ…
と、思うと、涙がこぼれた。
春の眩しい光りの中、
今、を共に過ごして下さる方々との時間を大切にしていきたい…
と思った。

藤の花は、もうすぐ満開です。
ちょっこし、今年ははやかったです。

藤花で思い出した。
大学の学祭、藤花祭だったこと。
そして、たしか正岡子規氏の短歌…
瓶に挿す藤の花房短かければ畳の上に届かざりけり…
正岡子規氏が、自身の命の儚さを歌われたのだろう。
生きていたい〜という思いが、切実に心に響いてきたことを、
藤の花をみると思い出す。

0 件のコメント:

コメントを投稿