2012年12月22日土曜日

やっとこ







報恩講は、いつも最後まで走りぬけられるか不安になる。
終わったら、ぬけがら状態の私とガッツポーズの私がいる。
30回繰返して、今年初めて気付いた!
やっと!
1人で走っているようなエエバッタ気持ちでいたけど、
それはオオマチガイ!!
冷たい霙の降るなか、
お斎のお手伝いにみえて下さった婦人会の方々、
お参りの方々、お帳場の総代さん方とたくさんの方々に、
お支えいただいての報恩講だった。
私の後ろや横や前にいっしょに、
走って下さる方々がいたんだ。
1人でシテイルなんて、なんて傲慢な奴だったんだ…
ピカピカに片付けていただいた門徒会館の台所に立っていると、
1人1人の顔がうかんで、
心の奥が、グッとあつくなる、そんな想いをいただいた…
お支えいただいた方々、お参りいただいた方々に、
心からありがとうございました!
やっとこ、気付いたおっせえやつ、でした…

0 件のコメント:

コメントを投稿