2012年12月17日月曜日

2012年正行寺報恩講、夜席


 ご紹介が後先になってしまいましたが、今年の報恩講のご講師は
浄土真宗本願寺派布教使、内藤昭文先生です。
もう、何度もお世話になっている、正行寺ではお馴染みの先生です。
親鸞さまのご生涯のこと、その教えのことを、わかりやすく楽しくお話くださいます。
ご聴聞されている方たちに、色々な問いかけをしながらお話してくださるので、
みなさん、前のめりになって聴いていらっしゃいました。

さて、2日目の夜は、大逮夜、
正行寺の法務員を勤めてくださっている堀内さんに、
御伝鈔』の拝読をいただきます。


 『御伝鈔』の後は、おぜんざいのご接待です。
坊守特製のホットスィーツのお味はいかがでしょうか~?

お帰りの際には、お赤飯と『拝読~浄土真宗のみ教え~』をお渡ししました。

報恩講のお勤まりになる今週末は、
折悪しく、この冬一番の冷え込み・・・
そんな寒いさむ~い中、
本当にようこそのお参りでございました。

尊いご縁に感謝です。


ロンも寒いけど、法要中は自分のケージで大人しく待機してます。

0 件のコメント:

コメントを投稿