2012年4月28日土曜日

ブラボー!

シェイクスピア作、蜷川幸雄演出の『シンベリン』を観に行った。 最初から、オオオ〜そんなあ!と、ビックリした。 悲劇的なストーリーは、そこに喜劇がみえかくれして、 話のテンポが小気味良い速さで、三時間半があっという間に過ぎた。 ところどころに散りばめられている、ソンナワケナイでしょ? と思う矛盾が、また、人生ってこんなことなのかもしれない… とか、考えたりもして、 とにかく、面白かった!! 舞台装置も、源氏物語の雨夜の品定めを壁に使ったり、 音響は、場面がかわる時に拍子木を効果的に打ち、 シェイクスピア作品なのに、日本の歌舞伎のようにもあった。 五月には、ロンドン公演が予定されている。 ロンドンでの、評価が楽しみです。 もう一度、観劇して感激したいなあ〜 大きな声で、ブラボー!と言いたいなあ。 ブラボー!

0 件のコメント:

コメントを投稿