2014年8月5日火曜日

生きて

父の診察日。抗がん剤で入院、そして退院後の初めての診察。抗がん剤治療の結果を期待していたけど、数値はかなり上がっていて、結果の説明に座り込みそうになった。なんのために、抗がん剤をしたのか?した後上がる方もいます、もうちょっと様子をみて、新薬を使用するか、考えましょう。と主治医の先生は、おっしゃた。父は、たんたんと聞いていたけど、心の中はどうだったことだろう…帰りの電車から見える豊前の海は、空と海のくぎりがなく、生きること死んでいくことも、同じように、受け止められれば…雨の中でも、鳴く蝉の聲は、生きていく切なさに聴こえた…
父さん、生きて生きていて…と

0 件のコメント:

コメントを投稿