2013年6月1日土曜日

拍手!

芸術劇場に、「木の上の軍隊」を観に行った。

井上ひさし氏の原案を引き継ぎ、
蓬莱竜太氏が書き下ろして、実現した劇です。
戦中戦後、2年の間、
ガジュマルの木の上で生活した二人の兵士の物語、
兵士は、山西惇さんと藤原竜也さん、
そして、ナレーションが片平なぎささんです。
音楽は、バイオリンの音色…
二時間の間、ずっと舞台の上、
膨大な台詞を3人で、語り合う劇です。
藤原竜也さんは、やっぱりすごい役者さんだ!
と、思います。
余韻を、持って会場を後にしました。

終わってから、ひさしぶりに会えた高校の同級生と、
おしゃべりできて、ラッキー!
舞台の4人に、大きな拍手!です。

0 件のコメント:

コメントを投稿