2010年5月4日火曜日

幸せ、って…


近所の方が、目の具合がよくないと聞いたので、訪ねてみた。
疲れ目だと思って眼科に行ったら、失明するかもしれない、との診断。
すぐ手術したほうがいいけど、入院は2週間待ち。
何かを見る度、心配でたまらない。

眼帯をかけてみたけど、片方の目で見るのも不自由で、むつかしい。
そうしているうちに、ふっと、思ったことがあった。
「今まで当たり前に見えていたことは、当たり前ではなかった…。」
ということ。
「今まで見えていたことが、有難いことだった。」
ということに気付かせてもらった。
「今まで、ありがとう〜、と思う自分に逢えた。」

と、たんたんと話された。

人間は辛いことがある時こそ、幸せを感じるチカラがうまれるのかもしれない…
と、思った。
彼が育てているお家の前のお花が、
彼の心を少しでも、明るく照らしてくれますように、
と願った。

1 件のコメント:

  1. それで、逆につらい時は幸せだと感じたときのことが支えになったりもします。

    返信削除